無料ブログはココログ

« 梅雨の合間の奥三河ツー | トップページ | 雨の一日 »

ライディング(その2)

今日も雨ですね~
朝はドッジボールの審判、午前中は暇なので、またちょっとライディングについてでも。

先週日曜は琵琶湖ツーでかなりハイペースなラン、木曜日は年休で三河の山道をちょっと走ってきました。
適度な速度だと、最近はスムーズにコーナーリングができる様になってきました。また曲がれない恐怖というのも殆ど無くなりましたね~happy01A146s

まずは走行ペースの話

上に書いたように、最近はコーナーではみ出さず、ぎくしゃくせずに曲がれる様な気がします(特に左コーナー、でももしかすると気だけかも知れませんがsweat01) 昔はよく右コーナーでおとっととなっていましたからね。

当然の事ながら自分の曲がれる速度で曲がるのですね~(ここが大事) 私の場合少し臆病なのか、自分で気持ちよく走る時の速度は限界より結構低い所にあるみたい。たまに速い人の後ろを走ると、おっなんとかイケるじゃん、でも自分ではこんなに出さねえよ、と思う事がよくあります。
Big Machineに登場する柏さん(イントラ)の言葉に自己基準速度というのがあります、自分のコントロールできるペースで走り、これ以上行ったら危ないなと思う抑制の心が大事ですネ。まあコントロールできるペースが少しづつ上がっていくのでしょうが。


コース取り
昔の自動車の運転の教科書に載っているのがスローインファーストアウト。まあ間違いはないのですが、山道で走る場合は対向車、バイクではみ出して走ってくる輩が多いので、ペースが速くても、とにかくキープレフトを心がけます。特に一車線の山道では絶対条件。結構のんびりと大回りの人が多いですので、これは意識して走る必要があります。


クリッピングの取り方
自分もそうですが大体、早くクリッピングにつきすぎて、大回りになったり、スローなインベタになったり。自分で考えているよりもだいぶ奥でインについて丁度いいような気がします。特に右コーナーは外側のガードレールに意識が行って、インにつくのが早いので意識して奥に取る。


コーナーの組み立て
コーナーの続き方、大きさによりTPOを考えます。一つの大きなコーナーをバーンと走るのならお尻を少しずらしてバシンと寝かせて荷重を掛けて気持ちよくコーナーリングするのですが、右左にタイトな場合は当たり前だけどあまり寝かせると追いつかないので程々な体重移動でクリアしていくのがいいです。お尻もあまりずらし過ぎると余計に遅くなってしまいますからね~。
またあまりないけど、小さな左コーナーの後に大きな右コーナーが分かっている時は左コーナーの時から少し右にお尻をずらしておく場合もあります。


コーナーのつなぎ方
ワインディングを気持ちよく走ろうとすると、立ち上がりでガッと加速してブレーキング、ぺたっと寝かせてコーナーリングになるのでしょうが、必ずしも速いとは限りません。先週鞍掛け峠でうまい人の後ろを走って気づいたのですが、あまりメリハリをつけず、コーナーの入り口で速度を殺さないようにスムーズに走っていて大変速かったです、この方が楽に走れそうですしね。


まあ当たり前の事をつらつらと書きましたが、皆さん気を付けて乗って下さいね~。私もバイク復活してから3年半、慣れた頃が危ないので初心に帰って乗りたいと思います。chick

« 梅雨の合間の奥三河ツー | トップページ | 雨の一日 »

コメント

akiさん今晩はです^^
自己基準速度・・・・
前回のツーリングでは初めは一杯一杯越えかけでした^^;
やっぱり早い・上手な人と走ると上がりますよね~前回のツーリングで上がったかも・・・

さて、乗り始めに比べて根尾など行く時に60kmで走ってたコーナー今は倍とはいいませんが、慣れもありますが、かなりの速度で走れるようになりました。。。

しかし、色々考えると、速度をだすより、程よいペースで景色見ながらってスタイルで気持ちよく走れるのが一番かもと、初心を思い出した今日この頃です^^;

リターンして3年半のakiさんと免許を取ってそれ位の?ひでさん。。

 やっぱり、「長く乗っていれば上手くなる」ってもんでもない・・・
って言うのを、改めて私に教えてくれた。。

意識して、自分の感性を磨いていかないとバイクは上手く乗れないって言う事が分かりました。

 二人のバイクに乗るときの姿勢というか気持ちと言うか・・・
凄くためになるよ! もっと安全にもっと楽しく!!
お互い遠慮無しに、笑って走る事ができる位に上手くなりたいですね。

>ひでさん
速い人の走り方を後ろから見ると勉強になります。私のまわりだとスムーズで危なげなく速いという人が多いですね。少しずつでもそのように走れるようになったらなと思っています。
確かに久しぶりの道を通ると、えっこのコーナー前は怖かったよな、というのがなんでもなくスムーズに走れたり。
でもひでさんのブログにもありましたが遅いよりは速い方がカッコイイのでcoldsweats01適度に速く景色を楽しんで走れるといいですね!

>伍長さん
う~ん、伍長さんは真面目だぁ。
ある程度は走る密度に関係しているのでは。私の場合、他にやる事がないのと、環境のおかげでcoldsweats01年中走っていますものね。
それと少しの意識ですかね~上に書いてある事も別に苦行でやっている訳ではなく、うまく走りたいと思って自然に意識しているのだと思います。
今でも十分皆で笑って走っていますよーでも皆少しずつ上達するといいですね。

しかし、上手い人はあっという間に見えなくなって
勉強にならないというこの矛盾ww

先日のツー後、タイヤを見たらリア右のアマリングが
ゼロになっていて、走りの激しさを実感したのでしたww

>take4さん
sweat01sweat01この前は皆興奮していましたからね~ 2、3人で行くといいかも知れません。
ディアブロコルサいいタイヤです、私も欲しい~(サイズが無いけどcatface

いつもながら前向きで感心してますよんっ♪
バイクって色々な楽しみ方とスリルが魅力ですよね☆
余裕のない走りって結局は速く走れないし危険なので
無理は禁物っ。「今日は加速」「今日はブレーキ」
ってテーマを決めて走るんが効率良く上達するかもね!
また次回一緒に走るのが楽しみです(^^)/

>デーモンさん
デーモンさんをはじめ速くてうまい人は相方の技量をみて絶妙のペースでリードしてくれるので助かります。
私もテーマを決めて走る事があります、でもその内夢中になって忘れてしまうのですねcoldsweats01
梅雨明けしたら是非またご一緒しましょ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109714/41598056

この記事へのトラックバック一覧です: ライディング(その2):

« 梅雨の合間の奥三河ツー | トップページ | 雨の一日 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

スポ乗り

サイクリスト

最近のトラックバック