無料ブログはココログ

« 神が降りた山 恵那山神坂峠ヒルクライムいい天気♪ | トップページ | 富士3レイクサイクリング、ちゃりん娘と走りました♪ »

「はやぶさ」と「神様のカルテ」

最近は本を読んでいるのですが、記事にするのをさぼっていましたcoldsweats01
少しまとめて・・・

最近読んだのが「はやぶさ」と「神様のカルテ1,2」
Hayabusas

Photo

「はやぶさ  そうまでして君は」 川口淳一郎 宝島社

世界で初めて小惑星にタッチダウンし、星のかけらを持って帰った日本のロケットのお話。
確か3つくらいの映画になったので覚えている人もいるのではないでしょうか、私も2つ見ていますpaper

プロジェクトリーダーの川口さんが企画から回収までの顛末を表わしています。

最初は割りと順調だったのですが、小惑星に到着するころからトラブルが頻発し、本当に奇跡の帰還という感じでしょうか。

基本はそのドキュメンタリーなのですが、川口さんと仲間はもう「はやぶさ」に対する愛情一杯、旅立った息子がはるか遠くで困っているところをなだめすかし、励まして「はやぶさ」に勇気を与えて、はやぶさが頑張って満身創痍になりながら親の期待を裏切らず帰還したと言った所でしょうか。

最後に出雲の神社まで行って神頼みをするのですが、「本当に俺はやりきったのだろうか」と自問しながらお参り、すぐに神頼みをする私とは大違いです。
あきらめずに全力で問題に対処すれば奇跡、また人智の及ばない力が作用してうまく行くのかもしれません。


もちろん科学的なドキュメンタリーなので、技術的な工夫、トラブルの対処等、科学的にも大変面白い読み物なのですが、私はどちらかというと親子の愛情といった物語として楽しめましたhappy01

基本的に私は文系の少年?なのかも。


「神様のカルテ1,2」 夏川草介 小学館文庫

これもいい小説ですね~
桜井君と宮崎あおいの映画になっています(見ていませんがsweat01

実はこの前「神様のカルテ2」を買ってきて読み始めました。
最初に夫婦で雪の王ヶ頭に行くところから始まっていいなぁ。
そういえば神様のカルテ1はどうだったのだろう?
てっきり読んだつもりだったのですが、実は読んでいない事に気が付きました^^;

早速買ってきて読み始めた次第です。

松本の病院で働く若い医者イチと写真家の奥さんハルの物語なのですが、更にアパートの住人と病院で仲間、患者さんとの絡みがで話が進みます。
最後の方で末期がんのおばあさんとイチの交流があります、お医者さんと患者さんの話なのですが、大変素敵な結末。


2の方も相変わらず濃い物語が進行していきます、でもいいのですねwink

またイチとハルの関係がいいですね、静かだけど大変深い愛情。

そういえばドラマ「わかものたち」を見ていますが、ここでも濃密な兄弟愛が。


最近は、自分は何をしてきたのかと自省する事しきりですcoldsweats01


その他にも改暦した渋川晴海の「天地明察」、「和菓子のアン」など
どれも面白かったですhappy02

« 神が降りた山 恵那山神坂峠ヒルクライムいい天気♪ | トップページ | 富士3レイクサイクリング、ちゃりん娘と走りました♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109714/60336310

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」と「神様のカルテ」:

« 神が降りた山 恵那山神坂峠ヒルクライムいい天気♪ | トップページ | 富士3レイクサイクリング、ちゃりん娘と走りました♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポ乗り

サイクリスト

最近のトラックバック