無料ブログはココログ

« 三河 3400山ライド♪ | トップページ | シマノシンクロソフト続編 »

シマノシンクロシフトを使ってみて

アルテのDi2をアップデート。昨日150km、山で使ってみましたhappy01
長文です、参考にしたい方のみどうぞ。

シンクロ無、セミシンクロ、フルシンクロはコントロールスイッチの2度押しで切り替わります、大変簡単。
細かな設定はスマホからブルトゥースで(まだいじっていません)

<ユニット裏のSWを2度押しして設定変更>
17458147_1265714183543329_258024538

17522653_1265714186876662_652791545

<フルシンクロ>
段戸湖まで試してみました(標高900m、5%位の上り、最後は緩ーい上り)

・普通のサイクリングでまったり乗る分には楽でいいかも、右のシフトで全てまかなえます。
・アウタでRrをインナローに落とすときにFrがインナに落ちます、それ程違和感なし。
気になるのが、Frインナからアウター。ギアを上げていくとRrを3枚くらい残してFrがアウターに上がります、もう少しFrインナのままでいたい時もあるのですが勝手に変わっちゃう。
・乗る前から予測していましたが、Frアウタ、インナ微妙な場所(緩やかなアップダウン)ではFrがよく変わります、ちょっとうるさい。
もうすぐ山の天辺で、アウタローを使いたい時がありますけど、Frがインナに落ちちゃうのですね。アウタローって結構使いたい時があるのに^^;

大多賀峠から段戸湖まではちょうどこの様なアップダウン。

<セミシンクロ>
まあ使いやすいかも
・Frをインナに落とすと、一拍遅れてRrが変速。今まではFrを落とすと、条件反射で右手でRrをシフトアップしていました(逆も同じ)。そちらの方がレスポンスがいい。
設定で変えられるのかもしれませんが、もう少しRrのレスポンスが速い方がいいですね。
・逆にFrをアウタに上げる時は、時間が掛るのでRrも直ぐに軽くなるので気にならず。
・はっと気が付いたのが、上りきって直ぐに下る時。
Frをアウタにしますが、セミシンクロだとRrを自動で軽くします、余計なお世話^^;

使いこなすとまた変わるかもしれませんが、予想通りセミシンクロなら使うかな。フルシンクロは少なくとも真面目に走る上りは使わない様な気がします。

もう少し使って判ったらまたインプレしますね^^

« 三河 3400山ライド♪ | トップページ | シマノシンクロソフト続編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109714/65224575

この記事へのトラックバック一覧です: シマノシンクロシフトを使ってみて:

« 三河 3400山ライド♪ | トップページ | シマノシンクロソフト続編 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポ乗り

サイクリスト

最近のトラックバック